来店不要で収入証明書なしでも借りやすい消費者金融はどこか?

急な出費でピンチに陥る・・・。誰にでもあるものですが、そんな時に便利なのが消費者金融などのカードローン(キャッシング)です。短期間で少額の借入に限定しての利用であれば便利です。

利用するには審査が必要となりますが、20歳以上でアルバイトなどの安定した収入があれば申込み可能です。従って、20歳未満の学生や収入のない専業主婦の方はカードローンによる借入はできません。

当サイトで紹介しているローンはすべて担保や連帯保証人は不要です。1社だけで50万円を超える借入や他社を含めて100万円以上の借入をする場合は、消費者金融では収入証明書が必要になります。但し、最大50万円までの借入れであれば、原則収入証明書が不要なローンもあります。

ローンの選び方

  • 金利の低いローンを選びましょう。金利は「○%~○%」のように表示されていますが、収入が多くない場合は上限金利が適用される可能性が高いので、上限金利に注目しましょう。
  • 出金(借入れ)や返済の方法:大手のカードローンであれば全国のコンビニなどの提携ATMを使うことができるところがほとんどです。借りやすさ、返しやすさを考慮してローンを選びましょう。

学生さんが借りる場合の注意

学生さんで長期的に借りるのであれば、奨学金などを調べて奨学金が借りられるかを検討しましょう。当サイトで紹介しているカードローンは長期の借入には不向きです。


プロミス

プロミス
  • 30日間無利息サービスあり!
  • 50万円までは原則収入証明書不要
プロミス

申込条件

年齢20歳以上、69歳以下で本人に安定した収入のある方 / 当社基準を満たす方。もちろん、学生の方もアルバイトなどで安定した収入があれば申込可能!
必要書類:運転免許証・健康保険証・パスポートなどの本人確認書類。50万円までは原則収入証明書不要です。

  • 限度額:500万円 / 金利:4.5%~17.8%

メリット

申込みがインターネットを使って完了できるので来店不要で便利!必要書類はアプリで送信できます。スマートフォンでもOK!30日間無利息サービス実施中!

利用方法

インターネットで最短10秒で口座振込OK!プロミス店舗やATM、提携ATMからでも借入・返済が可能です。
 三井住友銀行 / ローソンATM / イーネット / セブン銀行など
※イーネットATMなら、ファミリーマート・ミニストップ・スリーエフなどに設置されています。

プロミス

アコム カードローン

アコム
  • 最短30分審査回答、最短1時間融資可能!
  • はじめての方なら最大30日間金利0円サービスあり
アコム カードローン

申込条件

20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力を有する方。が申込対象。アルバイト安定収入があれば学生もOK!
必要書類:運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)。50万円までは原則収入証明書不要です。

  • 限度額:500万円 / 金利:4.7%~18.0%

メリット

スピード審査で対応も丁寧。返済も借りた日数だけなので早く返せば返すほどお得。 アコムがはじめてで返済期間35日ごとの契約をされた方に最大30日間金利0(ゼロ)円サービス実施中!

利用方法

スマートフォンなどインターネットで来店不要で24時間いつでも借入可能!楽天銀行なら最短1分!
三菱東京UFJ銀行 / セブン銀行 / イオン銀行 / ローソンATM / イーネット / 三井住友銀行など
主要なコンビニATMで借入も返済も簡単便利にできちゃいます。

アコム カードローン

モビット

モビット
  • スピーディーなWEB完結申込
  • WEB完結申込なら電話連絡なし
モビット

申込条件

満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方。が申込めます。安定収入がある学生もOK!
必要書類:運転免許証・健康保険証・パスポートなどの本人確認書類。収入証明書類の提出が必要な場合があります。

  • 限度額:800万円 / 金利3.0%~18.0%

メリット

モビットのWEB完結申込は電話連絡や郵便物がありません!社会保険証か組合保険証を持っていて三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っているという条件を満たした方限定となります。

利用方法

最短3分!インターネットで振込キャッシング。コンビニATMで借入も返済もOKです。
三井住友銀行 / 三菱東京UFJ銀行 / セブン銀行 / イオン銀行 / ローソンATM / イーネットなど
イーネットのあるファミリーマートやミニストップなどコンビニで利用できるのが便利です。

モビット

学生専用ローン

友林堂

友林堂
  • 審査の速さと学生専用という安心
  • 限度額:30万円 / 金利:12.0%~18.0%
友林堂

申込条件

学生が対象ですが、詳細の確認が必要です。本人特定が困難な場合以外は原則、電話連絡などはありません。もし、親やバイト先への連絡が困るなら来店での申込みがいいようです。

特徴

提出書類として、学生証とキャッシュカードが必須。親の承諾も不要。消費者金融と比べて金利が高い。インターネットでの申込は可能だが、来店での申込の方が何かとスムーズに進むという感じです。

利用方法

インターネットで追加申込にて指定口座への振込となる。銀行によってはコンビニATMでの利用ができないところもある。

友林堂




カードローン内容別の借りやすさで比較

消費者金融は金利や限度額、在籍確認、サービスが様々あります。それぞれの観点で相対的に「借りやすい」消費者金融を紹介します。

審査が不安な人が借りやすい消費者金融

カードローンの審査通過率としては、銀行が消費者金融のおよそ半分程度です。それだけ銀行の方が審査が厳しいということになりますが、消費者金融の方が審査や融資実行までのスピードも速いため、借入れを急いでいる方などには消費者金融が選ばれている可能性もあります。

大手消費者金融では、正社員でなくても安定した収入があれば申込みが可能です。アルバイトやパートなどによる安定収入がある方でしたら申込めますので、学生の方も20歳以上で安定収入を得ているのでしたら申込みが可能です。

プロミスアコム、アイフルといった大手消費者金融では、申込みをする前に1秒~3秒程で完了するの借入診断ができるようになっていますので、審査に不安を感じている方には事前チェックができる点でもおすすめです。



収入証明書類不要で借りやすい消費者金融

カードローンの申込みで必要書類の提出をするのですが、必須となっているのは本人確認書類です。これは、運転免許証やパスポート、各種健康保険証などのコピーを提出となりますが、その他に収入証明書類も必要となる場合があります。収入証明書類は希望限度額が100万円までなら原則収入証明書類の提出が不要など、そのカードローンによって条件が異なりますし、審査によっては提出を求められることもあります。

消費者金融の場合は、申込みをするカードローンの「利用限度額が50万円を超える」時や「その利用限度額と他から借入れている総額が100万円を超える」時には収入証明書類を提出しなければなりません。これは、年収の1/3を超える借入れができないという総量規制の対象となっているためです。

収入証明書類の提出を求められた場合は、各カードローンによってその収入証明書類の種類が若干異なりますが、一般的には次の書類が収入証明書類となっています。
【収入証明書類の例】源泉徴収票・確定申告書・所得証明書(または通知書)・住民税決定通知書・課税証明書(または通知書)・給与明細書(直近1ヶ月か2ヶ月分)・納税証明書(その1・その2) などがあります。

プロミスアコム、アイフルといった消費者金融では、借入限度額が50万円までなら原則収入証明書類が提出不要です。モビットの場合は、必要書類として収入証明書類を提出することになっています。

借入限度額300万円までは収入証明書類が不要な銀行として、三井住友銀行楽天銀行、住信SBIネット銀行Mr.カードローンなどです。みずほ銀行は200万円までは収入証明書類が不要です。申込時にみずほ銀行の通帳を用意しておくかみずほダイレクトの利用者で、限度額200万円以下なら本人確認書類の提出も不要です。三菱東京UFJ銀行と新生銀行カードローンレイクでは、100万円までは収入証明書類不要となっています。ただ、どのカードローンも審査次第では提出を求められるケースもあります。



専業主婦でも借りやすい消費者金融

専業主婦については申込みできるタイプとできないタイプがあります。消費者金融では本人に安定収入がある方が申込対象者となっています。自分自身に収入がない専業主婦の方は申込対象外となってしまいますが、銀行のカードローンなら専業主婦の方も申込みが可能です。ただし、条件付きとなっていることと限度額も少額に変わってしまいますし、全ての銀行が専業主婦の申込みができるという訳でもありません。

専業主婦の場合は配偶者に安定した収入があることが基本的な条件になっています。みずほ銀行の場合は、限度額30万円が上限となりますが、配偶者に安定継続収入があれば申込みが可能です。楽天銀行の場合は60歳以下の専業主婦の方が申込め、限度額の上限は50万円です。審査が開始すると申込者本人へ契約内容の確認電話がかかってきますが、配偶者の勤務先へ電話が行くわけではありませんので家族にも知られることなく申込みが完了できます。その他には、イオン銀行でも申込対象となりますが、限度額の上限は50万円です。



パート・アルバイトでも借りやすい消費者金融

消費者金融では、正社員でなくてもパートやアルバイトのみの収入があれば申込みが可能です。毎月安定して収入があれば返済する能力があるということになりますので、申込条件をひとつクリアすることになります。銀行の場合は、申込対象とならないところもありますので事前にチェックしてから申込むようにしてください。また、 学生もアルバイトなどの安定収入がある方でしたら申込みが可能なカードローンもありますが、消費者金融でも申込みをするカードローンによっては、学生が対象外となっているところも存在しています。

消費者金融ですと、プロミスアコムなどは、アルバイトやパートの方も安定収入を得ているということで申込対象者となります。銀行ですと、楽天銀行や じぶん銀行、新生銀行カードローン レイクも申込みが可能です。



来店不要で借りやすい消費者金融

インターネットで申込みができるところがほとんどとなっているため、消費者金融・銀行を問わず来店不要で申込みが完了します。必要書類の提出についてもFAXや郵送だけでなく、アプリやアップロードによる提出方法もあるため来店する必要もありません。契約書については郵送でのやりとりをするところもありますが、メール添付や記載されているURLにより契約も簡単にできるようになっています。ただ、カードに関しては、通常は郵送となっているため自宅へ送られてきます。

来店不要のメリットとしては、わざわざ店舗へ足を運ぶ手間が省けるだけでなく、誰にも会うこともなくて誰かに知られることもないという点です。もしも、カードが送られてくることにより家族に知られてしまうことが不安だという方は、カードの受取方法に注意してみてください。

アイフルでは、「配達時間えらべーる」というサービスがあります。このサービスは、PCとスマートフォン限定となっていますが、15時までに手続き完了すると翌日からの指定時間帯に届けてもらえますので家族に知られる不安もなくなります。 その他の方法としては、モビットのWEB完結申込があります。これは、2つの条件を満たした方のみができる申込方法として、郵送物を避けたい方にオススメです。利用はカードではなくWEBで手続きして利用するためカードレスなカードローンとなっています。

実は、銀行のカードローンではカードローンのカードではなくて、みずほ銀行三井住友銀行のように普通預金のキャッシュカードと一体型にすることが可能です。これにより、カードレスとなるため郵送もなく誰かに知られることはありません。



低金利で借りやすい消費者金融

低金利なカードローンを選ぶなら銀行がおすすめといえます。消費者金融と銀行では、上限金利が数パーセントも変わってきます。銀行の場合は条件を満たすと金利を引き下げてくれるサービスもありますので、低金利なだけでなく金利優遇も受けられるため、さらにお得な借入れができることになります。

たとえば、住信SBIネット銀行Mr.カードローンだと金利引下げ条件を満たすと年0.5%優遇されます。SBI証券の口座保有を登録してあることや住信SBIネット銀行の住宅ローン(三井住友信託銀行のネット専用住宅ローンを含む)の残高があることが条件です。金利の引下げが適用されれば、年1.99~7.49%での利用が可能となります。りそな銀行でもりそな銀行で住宅ローンを利用中の方は0.5%引下げです。

消費者金融には銀行のように金利の引下げ優遇などはありませんが、プロミスアコムのように「無利息・金利0円」のサービスがあります。 初めて契約される方限定のサービスなのですが、プロミスとアコムでは適用条件を満たすと30日間利息がかからずに借入れが可能です。

新生銀行カードローン レイクにも利息なしで借入できるサービスが2つもあります。「180日間利息¥0」は、借入金額のうち5万円だけが180日間無利息です。無利息期間中であれば何度借りても5万円までは無利息となります。もう一つの「30日間利息¥0」は、無利息となる期間が30日間で特に金額指定はありません。

初めてカードローンの契約をされるなら、無利息サービスがある消費者金融もおすすめです。



預金口座不要でも借りやすい消費者金融

プロミスアコムモビットといった消費者金融のカードローンでは、安定収入がある20歳以上の方であれば申込めますが、銀行のカードローンの場合、口座を持っていることが条件となっているところもあります。ただ、申込みの段階で銀行口座を保有していなくても大丈夫なのですが、カードローンの申込みと同時に銀行口座開設の手続きが必要となる銀行もあります。この手続きが少し手間ではありますが口座開設をしておくことにより、インターネットバンキングの利用も可能となりますし、返済時の自動引落し口座として利用できます。

楽天銀行三井住友銀行なら銀行口座の開設が不要でカードローンの利用が可能です。特に三井住友銀行では、カードの受取りを郵送ではなくローン契約機[ACM]で行うことにより最短即日からATMで借入・返済が可能となります。



在籍確認の電話なしでも借りやすい消費者金融

審査に必須となっているのが在籍確認です。この在籍確認は勤務先などへの電話によるものが多く、審査を受ける側からすると「周囲に知られてしまうかもしれない」という不安があるようです。通常、消費者金融からの電話はプライバシーに配慮していますので、会社名を名乗るわけでなく担当者の個人名を名乗ります。アコムやアイフルからの電話だということは分からないようになっています。

それでも「電話を避けたい」という方には、モビットのWEB完結申込がおすすめです。これは、健康保険証の種類が社会保険証または組合保険証を持っている方で三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っている方であれば、勤務先などへの電話連絡がなく郵送物もないという方法です。

その他、みずほ銀行のカードローンは、申込時に口座があり、希望限度額が200万円までで通帳を用意しての申込みまたはみずほダイレクトを利用している方なら、提出書類がなく最短即日利用も可能となるメリットもあります。

平日の夕方や土日祝日など勤務先に在籍確認が取れないような時には、プロミスがいいでしょう。希望の借入金額が少額であり、勤務先への在籍確認が取れるような書類(社会保険証など)があれば、在籍確認のための電話がかかってこなかったり、電話が後日になる場合があります。早急に融資を希望している方は相談してみてください。



最短1時間で借りやすい消費者金融

カードローンでは申込みから融資実行までが最短即日なものが多く存在しています。銀行でも最短即日融資ができるカードローンが増えていますが、口座開設を必要とするなどの条件がある場合もあります。大手消費者金融では即日融資だけでなく、プロミスアコムのように最短1時間融資というスピードで借入できるカードローンもあります。審査は最短30分、融資実行までが1時間という速さは、消費者金融ならではのサービスです。

プロミスとアコムには、電話やFAX、郵送など申込方法が数通りあります。申込方法の中でも、スマートフォンなどからインターネット経由で申込みをするか、自動契約機やむじんくんでの申込みなら最短1時間融資が実現可能な申込方法と言えます。



即日キャッシングで借りやすい消費者金融

カードローンの借入方法は、カードの利用に留まらず電話やインターネットの会員サービスからもキャッシングが可能です。スマートフォンの普及により、簡単で便利なインターネットバンキングを利用する方も多くなってきました。インターネットからの振込みは、時間を気にすることなく手続きができるため、「翌日は引落し日だった」というような時にも便利です。

楽天銀行のカードローンもいつでもどこにいても手数料無料でネットキャッシングができます。楽天銀行の口座を登録されているなら、システムメンテナンス時を除き、24時間365日即時振込が可能です。楽天銀行以外の金融機関への振込みは、平日の0:10~14:45までは当日中ですが、14:45以降と土日祝日の受付は翌営業日となります。

プロミスの場合は、振込操作完了から10秒程度で自分の口座へキャッシングができる「瞬フリ」というサービスがあります。これは、三井住友銀行とジャパンネット銀行への振込み限定となりますが、曜日や時間を問わないため、基本的に24時間受付可能ですし、振込み手数料は無料です。(メンテナンスなどによりサービス停止する時間帯もあります。)その他の銀行への振込みは、平日の9時~14:50までは、受付完了から10秒程度でキャッシングとなりますが、それ以外の時間帯は翌営業日9:30頃の振込実施となります。



即日引出しで借りやすい消費者金融

即日融資ができるカードローンは、急な出費にも使える便利なツールとしても人気があります。特にカードをその日に手に入れられれば、いつでも好きなタイミングでコンビニなどのATMでの引き出しが可能です。 申込んだその日にカードを手に入れる方法としては、店舗窓口か自動契約機・無人契約機へ行くことになります。大手消費者金融には自動契約機・無人契約機を設置してありますが、銀行ですと三井住友銀行や新生銀行カードローン レイクにも自動契約機があります。

自動契約機・無人契約機の場合、申込みからカード作成までのすべてを終わらせることもでき、操作もオペレータによる専用の電話やモビットのように画面での案内もあるため簡単です。カードをすぐに使いたいが「誰かに会う可能性をできるだけおさえたい」という方には、インターネットでの申込みをおすすめします。インターネットで申込みをすれば、いつでもどこにいても申込みが可能ですし、審査結果を自動契約機・無人契約機の近くで待つ必要もありません。審査に通れば自動契約機・無人契約機で契約とカード作成をすれば時間の短縮にもつながります。

自動契約機・無人契約機はどこのカードローンも同じ台数があるわけではありませんが、プロミスアコムは設置数が多く全国に点在しています。



夕方や土日でもすぐに借りやすい消費者金融

即日融資も可能なカードローンですが銀行と消費者金融では、即日融資可能な日時に違いがあるようです。消費者金融のカードローンの場合、申込み~契約が完了するとその日に借入れができます。もちろん、平日の夕方や土日であっても利用可能です。銀行のカードローンの場合は、銀行の営業日にしか対応していないものもあり、土日祝日は即日融資が難しいようです。

消費者金融のカードローンは自動契約機・無人契約機で申込み・審査が終わりカードを作成後、すぐにキャッシングできるようになっています。平日の夜や土日祝日でも営業時間内ならカードが作れます。その他の方法としては、プロミスアコムのように会員サービスがあれば、振込みが可能です。会員サービスなら24時間最短数10秒~数分で振込みができます。ただし、そのカードローンによって、24時間振込める銀行が決まっていますので確認してください。



コンビニで借りやすい消費者金融

カードローンは、提携先金融機関のATMでカンタン便利にキャッシングできます。もちろん、コンビニのATMも同じです。住信SBIネット銀行Mr.カードローンはセブン銀行・ローソンATM・イーネットでの借入れが手数料無料です。三井住友銀行でも、イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATMでの利用手数料無料となっています。

プロミスモビットなどの消費者金融のカードローンもほとんどのコンビニATMに対応しています。



限度額が高額な借りやすい消費者金融

カードローンは低金利なものがいいですが、利用者としてはその限度額も気になります。消費者金融のカードローンは、アコムのように限度額500万円が多くなっています。限度額500万円も高額なのですが、例えば、高級外車購入に利用する場合には足りないかもしれません。銀行のカードローンなら限度額最高1,000万円という高額なものがあります。みずほ銀行と住信SBIネット銀行Mr.カードローンです。どちらも最高金額が1,000万円となっていますが、審査によって限度額が設定されますので、残念ながら全ての方が1,000万円となるわけではありません。



おまとめ可能な借りやすい消費者金融

カードローンを複数社で利用している場合、金利もその借入先分発生しますし返済期日がバラバラなことも考えられます。その場合、返済負担が増えると同時に管理も大変になります。借入先を1つにまとめて今よりも金利の低いローンに借換えするのがおまとめローンです。消費者金融・銀行・信用金庫などに、おまとめ(借り換え)専用のローンがありカードローンと同じ無担保なローンとなっています。

みずほ銀行のカードローンではおまとめローン・借り換えローンと同じように利用ができます。住信SBIネット銀行Mr.カードローンも借換えに対応していますので、返済額を抑えることも可能です。どちらも銀行のカードローンなので低金利です。

借り換えやおまとめの場合は、検討時に必ずシミュレーションしてみてください。現在借りているローンの金利よりも低金利のローンで借換えをしなければ、返済負担が減ることはありません。シミュレーションして返済負担がどのくらい軽減するかをチェックしてから申込みをしてください。



年収の1/3以上を借りられる可能性がある消費者金融

総量規制で個人向け貸付は、原則、年収などの3分の1までに制限されているため「年収の1/3以上」を借すことができないのが消費者金融です。プロミスアコムをはじめとするカードローンでは、個人信用情報機関の情報により他社からの借入れ状況を把握しています。

同じカードローンでも三井住友銀行楽天銀行のように、銀行なら総量規制の対象外となっていますので年収の制限はありませんが、審査が厳しい分残念ながら借りやすいというわけではありません。



サブコンテンツ
所得証明書・収入証明書不要の消費者金融を発見

プライベートである時飛行機に乗って、どうしてもかなり離れたところに行く必要性が出て来ましたが、航空券を買うお金がまったく無いことに気がつきましたので、私はとても慌ててしまいました。その後どうしようかじっくりと悩んだ結果、できれば消費者金融と呼ばれるものを利用したいと考えたものの、いろいろと手続きに時間がかかりそうでしたので、間に合わないのではないかと思いました。何故なら、過去に消費者金融を利用したことがある友人に、定期的に返済を行うことができると言うことを業者側に示すために、所得証明書を提出する必要があると聞いていましたので、私は特にそれが時間がかかると考えていました。

よって私は、消費者金融を利用することを諦めかけましたが、その後インターネットでいろいろと調べていたところ、何と所得証明書不要で借りられる業者があると書かれていましたので、私はもしもそれが本当だったらす凄いと感じました。それであれば、何とかお金を工面することができるかもしれないと思い、すぐに申し込みをしてみることにしましたが、その後は本当に所得証明書が不要でしたので、書類を用意する時間や労力を節約することができ、とても助かりました。結局、見事にお金を手にすることができ、無事に航空券を買って出かけることができましたので、所得証明書不要の消費者金融は自分のような急いでいる人にとって、本当に便利なものであると実感しました。

消費者金融はなぜ所得証明書、収入証明書を不要にしているのか

消費者金融でお金を借りる場合、総量規制対象となっているので、どのくらい借りることができるのかが決まってきてしまいます。その人の年収に応じてとなりますので、収入がどのくらいあるのかがとても重要です。そうなると所得証明が必要としてしまうのではと思ってしまうのですが、しかし消費者金融の多くは所得証明書不要としています。ではなぜ所得証明書不要としているのでしょうか。所得証明書不要としている大きな理由となるのが、所得証明が必要とするまでお金を貸す行為をしていないということです。

総量規制は年収の3分の1以上貸してはいけませんよという法律で、これは1箇所だけではなくて規制対象となるローンを含めての話になります。そこで重要となるのがどこでどれだけ借りているのかです。実は今はどこでどのくらい借りているのかがはっきり分かるようになっています。個人信用情報を見ることでわかってしまうことです。そこで申し込みをした方がどのくらいの年収になっているよという記載に対して、ギリギリに貸すようにするのではなくて、ある程度余裕がある状態までに貸すようにしているので、所得証明書がなくても大丈夫になっています。ただちょっと大きな金額を借りる時や、あまり信用できないなと思える時には、所得証明書を提示してくださいと言われてしまいます。なので絶対に所得証明書不要としているのではないので、そのことも覚えておくようにするのが良いです。

消費者金融であれば収入証明書不要ですよ

収入証明書不要でも金銭を融通してくれるのは、消費者金融です。そのため、金銭が不足して困った場合においては、積極的に消費者金融で借り入れをする事が重要となっています。収入証明書不要であれば、面倒な手続きが少ないので、短時間で融資を受ける事ができます。ただ、所得証明・収入証明書が不要と言っても希望する金額や審査の段階で提出を求められることもあるようです。契約を結ぶ時の年会費などについても無料となっており、余計な出費を気にする事はないです。利用する側にとっては魅力的な要素が多いので、幅広い世代に渡って支持を得ています。

融資条件に満足のいく消費者金融を発見したらインターネットで契約をするのが一般的です。店頭であれば、従業員の方が親切に対応してくれるので、初めてキャッシングをする方でも安心できます。分からない事や疑問に感じる事があれば、スタッフの方に質問をする事により、丁寧に解説をしてくれます。接客サービスが徹底されている消費者金融が多い事も魅力の一つです。でも、インターネットなら来店不要のため、誰かに知られることもあうこともなく、必要書類もメールやアプリで送信することもできます。

無事に契約を交わして資金を借りたのであれば、当然のように返済をする事になります。期日が定められており、その日までに利息も含めて完済をしないと、延滞金を負担しなければならないです。もしも、返済期限に間に合わないようであるならば、事前に電話をして事情を説明しておく必要があります。そうすれば、返済期間に猶予を設けてくれるので安心です。顧客の事を第一に考えてくれる事も魅力なので、金欠となった際には、積極的に活用する事が重要となります。

学生でも融資を受けることができる消費者金融がある

学生でもキャッシングなど、融資を受けることが可能な消費者金融というのはあります。このようなところを有 効に利用していくことができれば、いざという時の備えとして考えていくことも可能になると言うことができます。消費者金融というのは、金利が高いというイメージがあるかもしれませんが、短期間の借入であればそれほど大きな金利を取られるという事はありませんので、有効に利用していくべき物と言うことができます。このようなところを有効に利用していくことができれば、いろいろできることが増えると言うこともできるでしょう。人生を豊かにしていくという事を考えたときには、このような物を利用するというのも、悪いことではありません。

所得証明書不要で、融資を受けることができる方法はあります。学生の方でも、消費者金融であればキャッシングなどを利用していくという事が可能になりところがあります。このようなところを有効に利用していくというのは、非常に便利なものです。借入の際は計画的に行う必要がありますが、このようなところを利用したとしても、短期の借入であればそれほど、高い金利というのはかかりませんので、便利に利用していくべき物と言うことができます。学生といえお金というのは、急に必要になることがあります。そのようなときには、このような方法でお金を用意するというのも有効な方法と言うことができます。便利な方法として知っておいて損はない方法と言えます。

おまとめローンに関する基本情報について

おまとめローンという金融商品の広告を良く見ますが、元々は複数の金融機関から借り入れを行っている方、所謂多重債務者が、その負担を減らすために、銀行が提供しているローンの商品のことになります。このおまとめローンを受けることで、多重債務者にとって月々の返済が楽になったり、返済期日が一つになるので、返済への計画が立てやすくなるということが挙げられます。また銀行にとっても、多重債務者の借金を肩代わりできるだけの金額を融資する代わりに、長期間にわたって自行の顧客になってもらうことが可能にありますので、顧客の確保のからも、とても有意義なローン商品になっております。これにより各銀行も積極的に広告展開を通じで勧誘しているのです。

実際におまとめローンを契約するには、まず最初にそのローン商品を提供している銀行のことを調べる必要があります。最近ではインターネッ上に口コミサイトやランキングサイトができていますので、そういったものを活用するのも良い方法です。そして相談をする前に、現在の収入支出の額、そして借金の総額を把握しておきます。これらの情報を元に、相談を実施して、返済総額が今までよりも下回るのであれば、実際に契約することを行えばよいのです。多重債務者の方にとって、借金の返済はいつも考えなければならない重要事項になりますが、このおまとめローンをうまく使うことで、その悩みから解放されることにもなりますので、積極的に利用すべきなのです。

アコムでのキャッシング

アコムは大手消費者金融業者であり、一般的にもよく知られています。アコムの利用をすることでお金を借りることができ必要になった時にはインターネット等からキャッシングの申込みをすることができます。アコムの利用では大手の消費者金融業者であることから、信頼をすることができたり安心感等もあります。これらの消費者金融業者の利用では、お金が必要になる場合は日常生活では起こりうる事であるため少額での借り入れでキャッシングをすることができ、利便性の高いサービスであることが特徴です。申込みから審査や実際の融資までの早さが特徴であり、すぐに利用したい場合にはキャッシングは便利であり、サラリーマンでなくても利用ができます。

アコムの利用はホームページより申込むことが可能ですが、利用の限度額が50万円を超える場合には収入証明書の提出が必要になります。また急な申込みにも対応することができ、はじめての利用でも来店が不要で、即日での融資が可能になる場合もあります。この消費者金融の商品の種類としてカードローンの他にクレジットカードの発行や、個人事業主専用のカードローンもあります。また貸金業法に基づく借換え専用ローンもあります。返済については、提携のATMを利用してコンビニエンスストアをはじめ全国にある提携ATMより返済をすることができます。またインターネットバンキングの申込みができているとパソコン等から銀行振り込みができます。

このページの先頭へ